粉体機器装置の設計・製造・提案

アルファ株式会社

☎0568-53-5611 ✉alpha@alpha-kabu.com
▶お問い合わせ


造粒改善事例

目次

コスト削減に関するお悩み

生産効率を上げたい

今の造粒方法では、造粒物の大きさが不揃いで、歩留まりが悪く、生産コストがかかってしまいます。さらには、3割が大きすぎたり小さすぎたりして、仕損品として廃棄しなければいけません。


グレインメイクは、目的の粒径で、歩留まりもよく生産できるようになります。
生産効率が向上します。廃棄量が、7割ほど減るので、廃棄費用も減り、トータルで生産コストを減らすことができます。  


目次

効率向上に関するお悩み

粉の取扱を楽にしたい

粉を温度の高い溶炉へ投入する工程があります。
高い温度なので、粉が昇華熱で起こる気流に乗って溶炉に落ちず、スクラバーへ行ってしまい困っています。
その工程で、グレインメークで、中間処理として造粒を行います。
粉では簡単に舞っていたのが、粒ではきちんと溶炉に落ちるようになります。
全量投入ができるようになります。
連続で処理ができるので他の造粒機よりもコンパクトで済みます。 

  ページ内目次

 

 サイト内検索

 

 お問い合わせ

 

 関連ページ