粉体機器装置の設計・製造・提案

アルファ株式会社

☎0568-53-5611 ✉alpha@alpha-kabu.com
▶お問い合わせ


MF4L

流動性の悪い粉の計量の自動化4L仕様

目次

流動性の悪い粉の計量の自動化

概要

導入企業
  • 業種:鉄鋼製造会社
  • 会社規模:一部上場
  • 部門:製造
  • 場所:東海
製品
  • 型式:ミリフィーダー4L・ミリフィーダー10L
    MF4L・MF10L

導入の背景

導入の背景
  • 計量精度を必要としない計量があります。
  • 粉が流れにくく、固まりやすいので振動フィーダー、スクリューフィーダーでテストをしましたが供給できませんでした。
用途
  • 計量作業の省力化
  • 計量粉種:数種類
  • 計量精度向上
  • 誰でも使える簡単操作
ご要望
  • 投入口の大きいホッパー
  • 粉に力をかけにくい供給方法
  • 清掃性の良い供給機
  • メンテナンスを考慮して、すべての粉を同じ機構で行いたい。
  • 計量精度をきちんとだしたい。
  • 粉の品種が変わっても簡単な変更で対応できるようにしてほしい。
  • 誰でも使えるように簡単な操作方法にしてほしい。

導入の経緯

提案
  • ミリフィーダーの導入
  • 必要量によって、4Lのホッパー使用
  • 4Lであっても投入口を大きくできるようにする。
選定理由
  • 今回の粉に一番合っていたのはミリフィーダーでした。
導入経路
  • 代理店
導入経緯
  • 展示会
  • ご来社デモ
  • ご訪問お打ち合わせ
  • 検証テスト
  • ご訪問お打ち合わせ
  • ご発注
  • 製作
  • 納品

仕様

仕様
  • 供給機:ミリフィーダー4L
  • 架台:高さ調節可能架台
  • 天びん:A&D
  • 制御盤:CP40-鉄盤使用
写真
供給機 制御盤
装置外観4号機_clipped_rev_1.png 制御盤正面全体.jpg
ホッパー内1 ホッパー内2
ホッパー内1.jpg ホッパー内4.jpg

 

使用効果

使用効果
  • 外注費の削減(コスト削減)
  • 多種化に対応(品質向上)
  • 管理コスト削減(必要な分を必要な時に)
  • 装置投資金額200万 外注費200万の削減(年間)
  • 粉の計量作業が1名で可能に。
  • 30万/月×1直×1名12ヶ月=360万
  • 自社での計量作業が可能になり、必要な分を必要な時に作れる様に、多様な配合比の変更にも対応可能に。

納期
2ヶ月

  ページ内目次

 

 サイト内検索

 

 お問い合わせ

 

 関連ページ