粉体機器装置の設計・製造・提案

アルファ株式会社

☎0568-53-5611 ✉alpha@alpha-kabu.com
▶お問い合わせ


SMA2.5

繊維の混練

繊維とセメントの混合

概要

導入企業
  • 業種:
  • 部門:
製品
  • 型式:SMA2.5
  • 製品名:アルファミキサー 2.5

導入の背景

導入の背景
  • 繊維が固く他社のミキサーでは無理だと言われてテストすらしてもらえません。
  • 安全に作業しながら、製品を加熱したいです。
  • ねばりのあるものを低速でゆっくりまわしたいです。
用途
  • 混合物:繊維質の材料と溶液
  • 繊維質の材料と溶液を混合・撹拌しながらの混合
  • 低速で混合
  • 製品の加熱
ご要望
  • 繊維質の材料と溶液を混合・撹拌しながら混合したい。
  • 作業の安全性。
  • ねばりのあるものを低速で回したい。

導入の経緯

提案
  • アルファミキサーの導入
  • 繊維質の材料と溶液を混合・撹拌しながら混合。
  • 加熱しながら低速で10時間ゆっくり動作できるようにする。
  • 高粘質の材料を低速回転する要望があったため、モーターを通常の2ランク上の物を搭載する。
  • 液体投入時は高温になることから、繊維は繊維投入口、液は加液投入口を設け、安全に作業できるようにする。
  • 指定のバタ弁を組み込み、取り付ける。
  • キャスターを付けて移動式にする。
導入経緯

仕様

仕様
  • 混合機:アルファミキサー 2.5

オプション

  • 通常の2ランク上のモーターを搭載
  • 繊維は繊維投入口、液は加液投入口を設ける
  • 指定のバタ弁の組み込み
  • キャスターを付けて移動式にする
写真
装置全体
繊維の混練.png

 

使用効果

使用効果
  • 繊維質の材料と溶液を混合・撹拌しながら混合
  • その後、加熱しながら低速で10時間ゆっくり動作できるようになった。
  • 高温作業の安全性の確保

納期

  ページ内目次

 

 サイト内検索

 

 お問い合わせ

 

 関連ページ